一般社団法人
日本クリニカルパス学会

Japanese Society for Clinical Pathway

刊行物

投稿規程

  • 1. 投稿内容
    「日本クリニカルパス学会誌(Journal of Japanese Society for Clinical Pathway)」の投稿原稿は、クリニカルパスに関する内容およびこれらに関連する領域の投稿論文で、未発表なものでなければならない。
  • 2. 投稿資格
    投稿論文の筆頭著者ならびに共著者は本学会の会員に限る。ただし、編集委員会からの依頼原稿についてはこの限りではない。
  • 3. 投稿論文種別
    • (1)原  著:クリニカルパスに関連する研究で、十分な独創性および新規性を有し、科学的に価値ある事実あるいは結論を含むもの。
    • (2)研究報告:クリニカルパスに関連する研究で、科学的に価値ある事実あるいは結論を含むもの。
    • (3)実践報告:クリニカルパスに関連する活動で、一定の成果を挙げ、学会員が共有するに十分な価値のあるもの。
    • (4)総  説:クリニカルパスに関連する事項についての総括あるいは包括的な解説を内容とするもの。
    • (5)特  集:クリニカルパスに関連する有用な報告および活動について掲載するもので、原則として編集委員会からの依頼とする。
    • (6)連  載:クリニカルパスに関連する有用な報告および活動を継続的に掲載するもので、原則として編集委員会からの依頼とする。
  • 4. 投稿様式
    投稿原稿はMicrosoft Wordにて日本語および英語を用いて横書きで作成する。改行の際は冒頭1字分を空け、原稿の下部中央に頁番号を明記する。句読点は句点(。)、読点(、)を使用し、欧文・数字・少数点および斜線(/)は半角を使用する。外国語、原語は明瞭な欧文活字体を用いる。日本化したものはカタカナを用いてもよい。略語は原則初出時に正式名称を記載し(以下、)として略語を記載する。
    • (1)原稿の長さ
      図・表・文献を含み、原著・研究報告は12,000字以内、実践報告は10,000字以内、総説は16,000字以内、特集・連載は執筆依頼時に編集委員会にて定める。
      通常の図・表は1枚につき400字として換算し、パス表など大きなものは、1枚につき2,400字と換算する。
    • (2)原稿の構成と内容
      論文の先頭には次の①から⑤を記載し、①②⑤はすべて和英併記とすること。
      ①表題、②著者名及び筆頭著者の職種、③所属施設及び所在地(所属施設名は英文併記)、④要旨(原著・研究報告は和英併記で和文600字以内、英文300 word以内、実践報告・総説は和文600字以内のみ)、⑤キーワード(5つ以内)。
      論文本文の構成は、原著・研究報告では、「緒言(はじめに)」「方法」「結果」「考察」「結論」「利益相反」「引用文献」の順に記載する。研究補助金についての記載、謝辞、その他の特記事項等は結論を記した後に記載する。実践報告については特に見出しは規定しないが、原著・研究報告に準じた様式が望ましい。
    • (3)図表
      図表はすべて別紙に書き、図1、表1と必ず番号を記載しタイトルを明記する。その際、表のタイトルは上に、図のタイトルは下に入れる。また、各図表の挿入箇所を本文に(図1)(表1)と記載し指定する。また、不鮮明な図のトレース費用、カラー図表の掲載費用は実費を著者負担とする。
    • (4)記号と数字
      数字はアラビア数字を用い、度量衡などの単位は原則として英文略称を用いる。例: mm、cm2、mL、dL、L、mg、g、kg、%などを用いる。
    • (5)倫理への配慮
      ヒトを対象とする研究が含まれる場合には、倫理審査を担当する委員会からの承認を得ていることを本文に記載すること。なお、原著・研究報告は「方法」内に記載すること。
    • (6)利益相反の開示
      利益相反の有無を本文に記載すること。
    • (7)引用文献
      本文中の引用箇所の右肩に片カッコ付で引用順に番号を付し、その番号順に文献の部に下記例にならって一括して収載する。著者名は3名以内の場合は連記、4名以上の場合は第4著者以降を他(英文の場合はet al)とする。英文は姓、名(イニシャル)の順とする。英文誌はMedline、邦文誌は医学中央雑誌に準じた略記とする。
      【雑誌の場合】
      番号)著者名:論文名. 雑誌名 巻:初めの頁−終わりの頁 , 発行西暦年号.
      記載例)
      • 1) Pearson SD, Goulart-Fisher D, Lee TH: Critical pathways as a strategy for improving care : problems and potential. Ann Intern Med 123: 941-948, 1995.
      • 2) 高山慎司, 内山伸, 石丸博雅, 他: DPC導入におけるゲフィチニブクリニカルパスの医療経済評価.日クリニカルパス会誌 9:639-645,2007.
      【書籍・単行本の場合】
      番号)著者名:題名, 書名(編者名), 版, 発行西暦年号, 初めの頁−終わりの頁, 出版社名, 発行地.
      • 1) 小林美亜, 阿部俊子:ヴァリアンス分析の方法論,エビデンスに基づくクリニカルパス これからの医療記録とヴァリアンス分析(高瀬浩造 阿部俊子), 第1版, 2000, 69-75, 医学書院, 東京.
      【Webサイトの場合】
      Webサイトは、他に適切な資料が得られない場合のみ文献として使用してよいものとする。その場合、下記の通りWebサイト名とアドレスを簡潔に記載するとともに、アクセス日も附記する
      番号)発信元(管理者名):ページタイトル.URL(アクセス年月日).
      記載例)
      • 1) 日本クリニカルパス学会:学会概要 定義.http://www.jscp.gr.jp/about.html#sub02(アクセス2017年4月1日)
  • 5. 利益相反
    投稿時に著者全員が自己申告による利益相反(COI)報告書を提出すること。「自己申告による利益相反(COI)報告書」は、学会誌に綴じ込みのものを使用するか、学会ホームページ(http://www.jscp.gr.jp/)からもダウンロードすることができる。
  • 6. 原稿の送付
    原稿は、A4用紙にプリントアウトした紙媒体2部(1部はコピーで可)およびWordのデータファイルで提出する。紙媒体は郵送とし、データファイルはメール送稿(送付先アドレス:jscp-admin@umin.ac.jp)を原則とするが、紙媒体と同封のメディア(CD-R、DVD-R、USB等)での送付も可とする。ただし、メディアの返却は行わない。
  • 7. 原稿の送付先
    原稿は学会事務局宛、書留郵便、レターパックあるいは宅配便等の追跡可能な方法にて送付する。表書に「投稿原稿在中」と朱記すること。また、原稿には本誌掲載の「投稿カード」、「著者および共著者の同意書」、「論文投稿チェックリスト」、「自己申告による利益相反(COI)申告書」を添付すること。「投稿カード・著者および共著者の同意書・論文投稿チェックリスト・自己申告による利益相反(COI)申告書」は学会誌に綴じ込みのものを使用するか、学会ホームページ(http://www.jscp.gr.jp/)からもダウンロードすることができる。
  • 8. 採否審査
    • 1) 査読者の選定は、編集委員会が行う。
    • 2) 原稿は、複数の専門家による審査の上、掲載の採否を決定する。掲載にあたっては原稿の一部修正を求めることがある。修正を求められた原稿はできるだけ速やかに再投稿すること。掲載は、投稿受付順を原則とするが、審査もしくは編集の都合により変更となることがある。 また、投稿原稿は原則として返却しない。
    • 3) 編集委員会が修正を求めた原稿は、通知日から3ヶ月以内に限って再提出を受付ける。3ヵ月を経過しても連絡がない場合には、投稿取り下げとみなす。ただし、正当な理由がある場合はこの限りではない。
    • 4) 投稿論文の受理日は、編集委員会の審議後、最終的に当学会誌への掲載を許可された日付けとする。
  • 9. 別刷り
    30部まで無料。それ以上は有料(1部100円)とする。投稿カードに所要部数、別刷り送付先を記載すること。
  • 10. 著作権
    本誌に掲載された論文の著作権は、日本クリニカルパス学会に帰属する。著作権の譲渡に当たって著者全員の署名を必要とするため、「著者および共著者の同意書」に署名して提出する。

(2017年11月30日改定)

▲ Top

▲ TOP